主な外装工事の種類とは

こんにちは!東京都江戸川区で低層・中層マンションや、個人住宅の新築工事に関する外装工事・鉄骨建方の施工を承っております株式会社江戸川工業です。
住宅建築にはさまざまな業種が携わり、家の外側を施工する外装工事などを含めると多岐にわたります。
外装工事は、外壁・屋根などの外から見える設備や装飾がメインの仕事で、張り替えや塗装・補修工事などの多くの作業があるのです。
今回は、主な外装工事の種類についてご紹介いたします。

外壁工事


新築工事の外壁工事では、中間検査終了後に通気金物を設置して、サイディング材などの外壁材を施工します。
通気金物があることで、防湿シートとサイディング材の間に空間ができ、壁の中の結露を防止して、建物の腐食や劣化を防いで住宅の耐久性を高めているのです。
メンテナンスとしての外装工事は、外壁の補修作業後に行う塗装工事、外壁材をはがして張り替える工事、現在の外壁材の上に重ねて張る工事などさまざまです。
建物を守るために外壁の劣化状態、耐用年数を考慮して、保守工事をする必要があります。

屋根工事

一般的な新築工事では、柱や梁を組み立てて、屋根の一番上にある梁を取り付けた後、屋根工事が始まります。
屋根工事は垂木を組み、下地材の上に防水の下葺き材を施工した後、仕上げ材が葺かれます。
今後のメンテナンス費用を節約するには、劣化が早い屋根材の耐用年数を考慮して選択し、外壁と屋根を同時にメンテナンスすることが重要です。
屋根工事は、耐用年数を迎えたときに行われる葺き替え・重ね葺きのほか、下地処理を施し塗装する工事があります。

付帯部工事

外装工事には、外壁や屋根以外に雨樋・幕板・雨戸・戸袋・笠木などの付帯部工事があります。
それぞれの部位は、塗料や材料によって劣化のスピードが異なります。
放置して劣化が進むと雨漏りなどのリスクが高くなり、大がかりな補修が必要になるでしょう。
塗装で補修できない場合は、取り替えや張り替えが必要になるため、外装工事と同時に施工するのが効率的です。

江戸川工業へご相談ください!


現在弊社では、外装工事・軽量鉄骨工事・建方工事を承っております。
屋根や壁の取り付け、サッシ窓やドア、階段や手すりの取り付けなどについて、見栄えや組付精度にこだわって施工してまいりました。
弊社は、安全第一での施工を目指して十分な配慮を行っており、大手ハウスメーカーさまからの受注実績もあります。
外装工事や建方工事については、お問い合わせフォームかお電話でご相談をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

東京都江戸川区の鉄骨工事・外装工事は(株)江戸川工業
ただいま、新たな現場スタッフを求人中です!
〒 133-0051 東京都江戸川区北小岩2-23-13
TEL/FAX:03-6806-9896

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

動画完成

動画完成

動画作りました。 見て下さい。 …

悪い奴

悪い奴

どうも江戸川工業です! 先日、安全帯使用区域で 安全帯を使用してない悪い奴がいたので 注意をしたので …

対策を徹底し、身体を守りましょう!

対策を徹底し、身体を守りましょう!

こんにちは! 株式会社江戸川工業です。 弊社は、東京都江戸川区を拠点に、中低層階マンションや個人住宅 …

求職中の皆さまへ 採用情報